差別化された事業戦略

差別化されたビジネス戦略は、企業が市場での差別化に使用できる2つの基本的な種類の競争戦略の1つです。 競争戦略の他の一般的なカテゴリーは、低コスト戦略です。 本質的には、企業は、業界で低コストのプロバイダーになるために競争することも、ビジネスを推進するために競合他社と差別化するための多くの可能な方法の1つを利用することもできます。

低コストの制限

一般に、低コスト戦略よりも差別化されたビジネス戦略のために、ほとんどの業界にははるかに多くの余地があります。 最終的には、1つの企業だけが業界の真の低コストプロバイダーとして生き残ることができます。 2番目に低い、または3番目に低いプロバイダーであることは、通常マーケティング戦略としてはうまくいきません。

いくつかの業界では、いくつかの会社が低コストのプロバイダーとして競争していますが、ほとんどの場合、1つの会社が勝ち残ったり、限られた利益が広まったりします。 したがって、低コストのプロバイダーとしてリスクの高い戦いに参加したくない企業は、差別化されたアプローチを選択する必要があります。

ポーターの競争モデル

著名な経営の専門家であり作家であるMichael Porterは、4つの基本的な競争優位戦略に注目することで、彼の有名な5つの競争モデルをフォローしました。 それらには、差別化と差別化の焦点とともに、コスト重視とコストリーダーシップが含まれます。 コスト重視とコストリーダーシップは、どちらも低コストリーダーになるためのアプローチです。 差別化と差別化の焦点は、強力な市場での地位を確立するための2つの類似しているが異なる差別化戦略です。

差別化と独自の機能の提供

差別化とは、独自の機能、利点、サービス、またはソリューションの他の要素を提供することによって、ビジネスまたはブランドを際立たせることを意味します。 この戦略は、あなたの市場でバイヤーが使用する最も重要な基準を識別してから、それらの基準を最もよく満たすように製品、サービスまたは他の製品を設計することを意味します。

最高品質の製品、最善の解決策、独自の機能、道具、または有機材料を提供することは、特定の基準で差別化する方法の例です。 差別化戦略は、より良い全体的なソリューションを提供するためにより多くの費用がかかるため、低コストのプロバイダーよりも高い価格となります。 低コストの選択肢よりも付加価値の高い要素を強調することが重要です。

分化は少数のセグメントに焦点を当てる

差別化の焦点は差別化と基本的な類似点がありますが、焦点は1つまたは少数のターゲット市場セグメントにあります。 いくつかの業界では、非常に異なる市場セグメントが製品やサービスとはまったく異なるものを求めています。 差別化の焦点を当てると、ビジネスは、自分の強みが最もよく一致する特定のセグメントまたは2つのセグメントに集中します。 このより焦点を絞ったアプローチにより、選択したセグメントへのマーケティングへの取り組みを最大限に活かし、ブランドの優れた利点をセグメントに納得させるために広告リソースを投資することができます。

人気の投稿