ディストリビューター契約 代理店契約

企業は、顧客、請負業者、その他の企業と頻繁に契約を結びます。 代理店契約と代理店契約は、信託関係を確立するために企業が使用する2つのより一般的な種類の契約です。 受託者関係とは、一方の当事者、通常は契約を開始する事業者が他方の当事者の最善の利益のために表明し行動するように法的に拘束されることを意味します。 一部の関係では代理店契約が必要ですが、その他の関係では代理店契約で最適に機能します。

販売代理店契約の定義

販売代理店契約は、再販業者が特定の条件を遵守し、元の販売代理店または製品自体を誤って表明しないことを前提として、ある事業が他の事業または個人にその財またはサービスを再販する権利を与えるという原則に基づいて機能する。 販売店契約では、再販売者は自分が選択した方法で製品を展示または販売することはできません。 代わりに、彼女は配給会社のガイドラインに従って売らなければなりません。 これらのガイドラインは、価格が特定の時点で制限されている、または製品が限定保証付きで販売されなければならないと言っているかもしれません。

販売代理店契約の例

販売代理店契約は、ソフトウェアの販売、台所用品、化粧品などの比較的低コストの販売取引でよく使用されます。 販売代理店は通常、AvonやBlackberryなどの大企業で、販売店に自社の店舗または自社のクライアントで製品を販売する権利を与えます。 これらのリセラーは本質的に独立した請負業者であり、ディストリビュータの公式な代表者ではありませんが、ディストリビュータのガイドラインに従って行動しなければなりません。

代理店契約の定義

代理店契約では、「プリンシパル」は「エージェント」のサービスを契約します。 このようにして2つの当事者間に受託者関係が構築され、代理人は、契約の締結および本人に代わっての財務上の意思決定を含む、さまざまな取引において本人を代表することができます。 エージェントは個人または企業によって保持されることがあります。

代理店契約の例

代理店契約は、エージェントが価格交渉、販売条件の設定、またはオークションでの入札のためにクライアントに雇われる高レベルの販売取引では一般的です。 代理店契約は、ミュージシャン、アーティスト、スポーツ選手によっても使用されています。 このような場合、プリンシパルは代理人を雇って彼らのために仕事を見つけ、業績報酬または給与について交渉し、契約交渉における彼らの法的利益を代表するようにします。 企業や個人は、ファイナンシャルプランナーや株式ブローカーと代理店契約を結ぶことがよくあります。 ブローカーまたは銀行の代表者に金融取引または口座開設を行う権限を与えることは代理店契約の一形態です。

人気の投稿