地熱税額控除に必要な文書

2005年から2016年までの連邦税額控除プログラムは、住宅用地熱エネルギー利用者に地熱システム導入のための部品コストと人件費からの税額控除(2013年3月時点で30%)を付与しています。 これらは、一次住居用または別荘用ですが、賃貸用ではありません。 さらに、システムはクレジットを確保するためにEnergy Starに準拠している必要があります。 クレジットを申請するには、追加の税務フォームと認証と取引の記録の保存が必要です。 2011年の最近の住宅税額控除の変更は地熱エネルギーには適用されず、2016年まで影響を受けません。

IRSフォーム5695

地熱税額控除を申請するには、機器を設置した年のIRSフォーム5695、Residential Energy Creditsが必要です。 たとえば、2013年に改装を完了した場合は、2013年のフォームに記入して、2014年4月までに送信します。フォームに関連するのは、パートI「住宅用エネルギー効率の高い不動産融資」です。 4行目に、適格地熱ヒートポンプ資産コストを入力します。 フォーム5695には、その他の多くの再生可能エネルギー、および自家製のクレジット付き住宅改修費用も含まれています。

1040フォーム

フォーム5695で派生した税額控除額を適切な行(この場合は52行目)に配置するには、1040のフォームが必要です。上記のフォームを納税申告書に添付するように求められます。 住宅用エネルギークレジットフォームは、地熱クレジットだけでなく、さまざまなクレジットの組み合わせです。 あなたは、太陽、燃料電池、または同じフォームの他のクレジットを受け取る資格があるかもしれません。 あなたが適格であるクレジットを記入し、それらを集計表に含めてください。

製造者認定ステートメント

IRSがあなたの記録のためにあなたのすべてのあなたの電化製品認証を保持するようにあなたに助言している間、あなたはあなたの税金と一緒にそれらの文書のいずれかを提出するように求められません。 ただし、認証は最初に地熱クレジットを取得するために必要であるため、ファイルに保存する必要があります。 すべてのメーカーまたは地熱製品のモデルがEnergy Starの認定を受けているためにクレジットの対象となるわけではないため、これがアプライアンス認定に示されているかどうかを確認してください。

領収書と請求書

地熱ポンプシステムの購入および設置からの請求書または領収書は、合計費用の計算に役立ちます。 設置費用は税額控除の計算に含まれるため、30%の税額控除には上限がないため、計算するとかなりの金額を節約できます。 地熱ポンプのうちポンプの効率に直接関係する部分だけが税額控除の対象となります。 オプションの機能強化は含まれていません。 ダクトでもありません。

人気の投稿