5つのグリーンマーケティング戦略

消費者がより環境に配慮するようになるにつれて、企業はグリーン戦略を追求する競争相手に顧客を適応させるかまたは失う危険を冒さなければならない。 企業が自らをグリーンに再ブランド化しようとすると、「グリーンウォッシング」またはマーケティング戦略を使用して環境責任について誤った印象を与えるという非難の危険性があります。 「環境に優しい」という力を活用しようとする中小企業は、本物の行動とマーケティング戦略を慎重に調整する必要があります。

電子プレスキット

定期的にメディアと連絡を取り合う企業にとっては、電子プレスキットが紙の使用量に大きな影響を与えます。 プレスキットには通常、会社の歴史、製品カタログ、会社の役員の略歴、写真、プレスクリップなどが含まれます。 企業は多くの場合、その地域のすべてのメディアにプレスキットを送ります。 企業はすべての文書と画像を電子ファイルに変換し、そのキットをWebサイト上のダウンロード可能なフォルダーとして提供することができます。 電子プレスキットは紙も郵便料金も必要としません。 ウェブサイトは、電子プレスキットが事業の環境への影響を減らすための継続的な取り組みの一部であることさえ示すかもしれません。

グリーン包装

生分解できない包装は埋め立て地で莫大な量のスペースを取ります。 製品を製造し包装する事業は、環境に優しい包装に変えることができます。 生分解性包装への変換は、「環境に優しい」という会社の取り組みの目に見える象徴を顧客に提供します。 この事業はまた、広告プログラムの一環として環境にやさしい包装を活用して、環境に配慮した新しい顧客の獲得を支援することもできます。

電気/ハイブリッド車

中小企業の所有者は、しばしば事業自体の最も目に見える代表としての役割を果たします。 実際には、彼らの公共のペルソナはビジネスのためのマーケティングとして機能します。 中小企業の所有者が、その事業をグリーンなブランドに変えようとしたが、燃料効率の悪いトラックやSUVを運転した場合、グリーンなマーケティング活動は詐欺的に思えます。 電気自動車またはハイブリッド自動車への切り替えは、ビジネスがグリーンポリシーを追求していることを示すもう1つの目に見えるリマインダーとして役立ちます。

公開宣言

非常に単純な種類のグリーンマーケティングは、例えばプレスリリースを通じて、事業がグリーンポリシーを追求することを公に発表することです。 発表には、ビジネスが行う特定の変更についての詳細と、どのような時間枠での詳細が含まれるべきです。 計画通りに変化がなくなり、特にコスト削減などのメリットがある場合は、その変化に関する公の宣言に従うことで、ビジネスに対する一般の認識をグリーンにすることができます。

Eニュースレター

多くの企業が顧客に毎月のニュースレターを提供しています。 企業は、電子ニュースレターに移行することで、同等以上のコンテンツを提供しながら、紙の無駄と印刷コストを削減できます。 この場合、ニュースレター自体がビジネスのマーケティングとして機能し、配信方法は環境に優しい方法として機能します。

人気の投稿