PowerPointで動く線を描画する方法

Microsoft PowerPointのインターフェイスには、動く線を作成するためのネイティブ関数はありませんが、スライドショーのプレゼンテーション中に線と長方形のツールを使用して動く線を作成する機能を統合できます。 あなたが図形の形でアニメーションを作りたいとき、あなたはこのトリックを使います。 スライドショーを再生するとシェイプによって動く線が表示されますが、今度はデザイナでプレゼンテーションを表示するときです。

1。

PowerPointソフトウェアと編集したいプレゼンテーションを開きます。 左側のナビゲーションパネルで、線を表示するのに使用するスライドをクリックします。

2。

[フリーフォーム]ツールボタンをクリックして、プレゼンテーションに表示する線を引きます。 水平線、垂直線、または斜めの線を引くことができます。

3。

[四角形]ツール項目をクリックして、線を覆う四角形を描画します。 四角形を右クリックして[プロパティ]を選択します。 塗りつぶしの色には、スライドの背景色と同じ色を選択します。

4。

[スライドショー]メニュー項目をクリックして、[カスタムアニメーション]を選択します。 [効果を追加]をクリックします。 [終了]をクリックしてから[フライアウト]を選択します。 移動する四角形の方向を選択します。 これにより、長方形がスライド上を移動するときに動く線が表示されます。

5。

[OK]をクリックし、[保存]をクリックして変更を保存します。 PowerPointスライドショーモードでの変更を表示するには、[スライドショー]ボタンをクリックします。

人気の投稿